テーマ:BOX開封

2016 Panini Pantheon 開封

さて今回は久々のBOX開封を。 開けるのはズバリ、先日のカードショーで購入したPaniniの 高級版新ブランドである、「2016 Panini Pantheon」です。 登場選手は引退済みのレジェンドだけ、 カード種類はメモラかAUTOのみ、 ということで私の琴線に触れる事になりました。 …まぁ今新入手できる「レジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 Topps Chrome Jumbo 開封

今回はBOX開封のご紹介。 説明不要の定番のシリーズですが、私は例年あまり開けておらず… しかし今年はジャンボにチャレンジしてみました。 もちろん未所持選手のAUTO狙いで、です。 ということでゲットできたAUTOは以下の通り。 ヤンキースの投手、ジェームス・パゾス(James Pazos)。 昨季メジャーデビューし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 Bowman Inception 開封 その2

さて続けて2箱目。 早速開封結果を。 SF傘下の二塁手、ハンター・コール。AAでまずまずの成績で、 メジャーもそう遠くない…はず。 PIT傘下の三塁手、キブライアン・ヘイエス。Aでぼちぼちの成績ですが、 まだ19歳。15年ドラフト1巡目で、将来は明るい…はず。 ATL傘下の投手、ルーカス・シムズの99シリ。AAA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 Bowman Inception 開封 その1

さて続けて今回もBOXの開封を。 Bowmanシリーズの中でも、少数精鋭AUTO構成となっている、 比較的新規のブランドである「Inception」になります。 AUTO5枚という構成、早速開封結果を一気に。 CIN傘下の捕手、タイラー・ステファンソン。19歳とはいえ、Aで打撃はサッパリの模様。 MIL傘下の遊撃手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 Topps Stadium Club 開封

BOX3連発開封のラストはこちら。 レギュラーがボリューミーな廉価~中価格帯のブランド。 インパクトには欠けるかもですが、無難さは高いかと。 そんな中でも当然未所持選手のAUTOが私の狙いですが…。 結果は以下の通り。 レイズの若手一塁手、リッチー・シェイファー。今期はメジャー出場無し。 Dバックスで昨季ブレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 Topps Tier One 開封

BOX開封3連発の第二弾。 ここ数年恒例となっている高級版シリーズ。 AUTOとメモラのみの少数精鋭シリーズで、 私も毎年買っており、今年もどうにか開けることになりました。 早速メモラまで含めて一気に。 ヤンキースの正捕手、Bマッキャンのメモラ。 エンゼルスの先発投手、マット・シューメイカーの299シリA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 Topps Archives 開封

さて今回はカードショーで購入したBOX3連発のうち第一弾。 レトロデザインで、レトロ選手の登場が目玉のこちらのシリーズ。 私としては当然未所持の「レトロ選手」が狙いなわけですが…。 というわけで早速AUTO2枚をご紹介。 6度の盗塁王に輝いた名遊撃手、Bキャンパネリス。 映画「さよならゲーム」よりボビー役のデイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Leaf Trinity 開封

今回はこちらの開封のご紹介。 プロスペクト大好きのLeafブランドの一角で、 厚みのあるクリアorパッチカードが特徴。 一応高級版の扱いなんでしょうが、 まぁToppsじゃない時点で…となってしまうところ。 個人的には全然気にしないんですが。 ということで早速開封結果を。 2013年ドラフトでNYYが全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Panini Elite Extra Edition 開封

今回は毎年恒例、年始のプロスペクトブランドである こちらを開封したのでそのご報告を。 「PaniniのBowman」と言うべきかこのブランド、 その年のドラフト選手を中心とした構成ですが、 上位だけでなく下位まで手広く、というのが特徴になっています。 なのでBowmanでは出てこない選手にも期待、 といいたいところで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Bowman's Best 開封

さて年始一発目のBOX開封はこちらを。 年末だか年始だか発売のこちらは、昨年までこの時期に 発売されていた「Bowman Steriing」の代わり的な存在。 ブランド自体は以前にもあり、復刻版的なものでもありますが。 異常にAUTOが多かったSterlingに比べこちらは箱4枚+ レギュラー多数、という構成ですが、プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Topps Strata 開封

今回はこちらの開封を。 MLB初登場となるこちらのブランド、1BOXで1AUTO1メモラ、 もしくは2AUTO、という少数精鋭の構成になっています。 価格はそれほどでもないですが、構成的には一応高級版、 という扱いだと考えていいブランドなんでしょう。 ということでさっそく開封を。 かつては「メジャーで最もエキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Leaf Metal Draft 開封 その2

今回はカードショーで購入したBOXの開封結果を。 既に1箱通常購入して満足する結果が得られており、 もうひと箱機会があれば、と思っていたものをここで購入しました。 ということで早速結果を。 高校生捕手マリオ・フェリシアーノ(Mario Feliciano)。 15年ドラフト2巡目でPHI指名のスコット・キンゲリー(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Panini Contenders 開封

さて3連発の最後はコチラ。 これまで2発とはそもそもメーカーが違うわけですが、 今年のドラフト選手のAUTOが中心、という構成は同じ。 とは言えこちらはレギュラーカードも豊富で、ドラフト選手から 現役選手、OBまで多数収録しています。 が、ここではあくまでもAUTOに絞って6枚、一気に紹介します。 15年ドラフト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Leaf Ultimate Draft 開封

3連発の2発目はコチラ。 「Metal Draft」と価格帯も同じなら、構成もAUTO7枚のみと同じ、 ということでデザインくらいしか違いはないわけですが、 ブランド名通り高級感があるデザインとなっているのがコチラです。 肝心のメンツも高級、というか豪華なものであればよいのですが…。 ということでさっそく行きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Leaf Metal Draft 開封

諸々の事情で滞っておりましたが、今回は久々にBOX開封を。 しかも一気に3連発、別々のブランドを3箱開けていきます。 その第一弾は毎年恒例のコチラ。 今年のドラフト選手をフィーチャーしたブランドで、上位指名が続々… なんですが、年を経るごとに内容がパワーダウンしている感も。 昨年なんかはかなり厳しい感もしましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Panini Cooperstown 開封

今回はBOX開封を。 「次は全くの未定」と言っていましたが、早々に開ける機会が来ました。 ここ数年定番となっている、「殿堂」をテーマとしたPaniniのブランドで、 このブログ的には外せない商品。 レギュラーは少数でパラレル重視、という今回の構成で、 果たしてどういった結果が出るのか… という事で早速レギュラーか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Topps Inception 開封 その2

さて続けて2箱目の開封を。 早速いきます。 2012年ドラフト6巡目でアストロズ入りのBフィリップス外野手。 今季はA+で好成績でAAへ昇格し、ここでもまずまず。将来に期待。 2013年ドラフト2巡目でロッキーズ入りのRマクマホン三塁手。 今季はA+でまずまずの結果であり、やはり将来に期待。 2013年ドラフト2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Topps Inception 開封 その1

さて今回は予告通りこちらの開封を。 すっかり定番という感じになってきたプロスペクトのAUTOオンリーブランド。 一気に有望株のAUTOを大量ゲット、というところで 私としても非常に気にいっているものになります。 昨年も大物のゲットに成功しましたしね。 ということでAUTOのみ、一気に見ていきます。 2011年にド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Panini Elite 開封

今回はカードショーで購入したコチラの開封を結果を。 いつも年初に発売している「Extra」はプロスペクト版で、 こちらは通常版、とも言うべきかと思われる商品。 AUTOまたはメモラビリアで4枚、という構成で、 「Extra」よりかなり少ないですが、結果は果たして…? という事で早速レギュラーより。 ホームラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Topps Stadium Club 開封

今回はコチラの開封を。 昨年復活したブランドで、レギュラーの豊富さがポイント。 ただ、昨年は3枚だったAUTOが2枚に、というのは残念な話。 ということで早速レギュラーから見ていきます。 帰って来たマーリンズのエース、Jフェルナンデス。 ピッチングはもちろんバッティングもすぐれるZグレインキー。 昨年ドラフト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Tppps Archives 開封

予告通り今回もBOX開封を。 こちらも定番モノですが、一昔前のカード&選手をフューチャー、 という形で他とは一味違ったブランドとして確立しています。 私としてはなんといってもAUTOで、一昔前の珍しい選手のものが 入手できるのが目的になるわけですが…。 まずはレギュラーより。 ついに覚醒した"選ばれし者"Bハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Topps Finest 開封

今回はBOXの開封です。 お馴染みの中高級版ブランドで、 AUTOのメンツは若手主体なわけですが、 今年はパッケージにRジョンソンが登場している通り、 目玉として入っているようです…。 まぁそんなものが引けるとは思いませんが、 とにかく開封を。 まずはレギュラーより。 故障から蘇り、長打力も蘇ったJボット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Topps Tier One 開封

今回はコチラの開封。 毎年恒例となっているブランドで、レギュラー無しの 少数精鋭の構成が私にとっては嬉しい形。 ということで毎年複数箱買っていたんですが、 今年は諸々の理由から1BOXの勝負としました。 早速ドドンとその結果をご紹介。 惨劇とすら言えた不振から立ち直りつつあるCアトリーのメモラ。 昨季デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 Panini Prizm 開封

さて予告通りBOX開封を。 随分と久しぶりの開封な気がしますが、それもそのはず、4ヵ月ぶり。 この間にも複数の商品は発売されていましたが、 私的にヒットするものがなく、ここまでのブランクが空きました。 そういうわけで久々に「ヒット」したのが今回なわけなんですが、 毎年恒例のPaniniの廉価版ブランドになります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 Panini Elite Extra Edition 開封

さて、新年初となる開封は、毎年恒例のコチラ。 PaniniのプロスペクトBOXであり、毎年発売し、私も毎年買っていますが、 Toppsの同種のブランドとの決定的な違いは、ロゴ有無もそうですが、 ドラフト順位の(平均的な)低さ、になるでしょう。 もちろん上位も入っていますが、下位もかなり多く…。 とはいえ下位はT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 Bowman Sterling 開封

さて告知通り、コチラを開封していますのでその結果を。 言わずと知れたBowmanシリーズの高級版…ではあるんですが、 その価格に見合う、というかコストパフォーマンス的には 高級版とは言えないほどのAUTOのバーゲンセールブランド。 ここで一気に未入手プロスペクトのAUTOを、と狙うには 相応しい商品で、例年同様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 Topps Gypsy Queen 開封

さて今回はコチラの開封になります。 カードショーの福パックで引き当てたBOXですが、 こちら発売時には購入・開封はしておらず、今回初開封です。 開けなかった理由はズバリ、イラスト調のデザインがあまり好きでは ないから、ミニカードの管理が困るから、というところなんですが…。 それでもこうして開けられるのは嬉しいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 Leaf Trinity 開封

今回はこちらを開封したのでそのご報告を。 昨年から登場のLeafお得意のプロスペクトブランド。 非常に斬新なデザインで人気を集めましたが、私は昨年購入せず。 しかし今年はちょっと挑戦してみよう、と購入を決めました。 内容としてはAUTOのみ、5枚という構成で、 私にとっては嬉しい形ですし、今年ドラフトのプロスペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 Panini Classics 開封

連続開封となっていますが、今回が打ち止め。 Paniniのブランドで、高級版の部類に入るもののはずの当商品。 いつものPaniniようにカタログのカードはとてつもないものですが、 フタを開けてみたら・・・ということになるのはわかってはいるのですが、 レジェンドのAUTOやメモラでこの価格、となると手が伸びてしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 Leaf Valiant 開封

続きましてはこちらの開封を。 数年前から登場のLeafのプロスペクトブランドですが、 昨年は色々あったようで発売せず、今年2年ぶりの発売。 既に発売し、私も開封している「Metal Draft」とは 兄弟商品のような感じでしょうか。 封入8枚が全てAUTOという構成、早速いきます。 プロ入り前の投手、ジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more